キズは早めに補修することで被害拡大を防ぐ

家の傷は早めに補修するに限ります。放っておくとそこから痛んでいくからです。小さな子どもがいれば、穴があいたりささくれてしまったところに引っかかってケガをする可能性もあります。キズがあるところは塗装がないので、木であれば虫がついたり、カビが発生することもあります。

また、賃貸であればできるだけプロに頼んで全く分からなくなるようなキズの補正をしたほうが、後々引っ越すときに助かります。数ミリ単位での網戸の穴でも、網戸の張替え代として敷金が持って行かれたというような事態を防ぐことができるからです。壁紙やドアのキズなどはなくしておくようにしてください。キズだけではありません。

シミなども目立ちますし、自分では修正不可能なことが多いです。木目があるものだと、その木目まで再現してくれます。角が欠けたというような場合も修正可能です。欠けた部分を復元してくれます。

料金はもし夜間や高所など特別な場所や時間帯に作業となると特別料金がかかる場合があります。急ぎでなければ、なるべく日中にお願いしてください。また、補修するキズの状態により料金は異なってきます。大きさや数、木であるのか石であるのかなどなるべく詳細に伝えることで、正確な見積もりをもらうことができます。

無料見積もりで各社に提示してもらい、価格の安いところを探しますがあまりに安いところは後で変更が生じたときに法外な料金を請求されないかどうか確認しておいてください。変更するさいは修理に取り掛かる前に決定料金を伝えるという方針のようなところだと、まず安心です。東京の外壁塗装のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です